ピロティ構造のマンション

明日で東日本大震災からまる二ヶ月ですね。


先月は11日に大きな地震が一日に何度もあったから、なんか11日が来るのが少し怖い気もします・・・。
なんかローマだと5/11に大地震がくる予言があって、ローマ市民が怯えているようです。

実際に地震保険の問い合わせが殺到しているようだとか。


ヨーロッパなんてもともと地震が少ないから建物の耐震性が充分でないだろうなぁ。
震災以来、耐震性についてかなり神経質になってしまいました。

 

一番の理由としては私の住んでいるマンションがピロティ構造だということ。
ピロティ構造ってのは1階が駐車場になっているなどで、他の階層と比べて建物の造りが極端に変わっているつくりのマンションのこと。
うちのマンションはまさにこの説明通りで1階部分が共用のエントランスと駐車場になっています。

 

大きな地震の際には他の階層と造りが変わっているところに力が集中してしまい、そこから破壊されてしまうようです。
1階部分の柱は太くて立派なものがあるけれど、阪神大震災の時はピロティ構造のマンションがのきなみ崩壊していたらしいですし・・・


住民たちも心配のようで耐震性を高める改築も検討されているみたい。

でもそれには結構費用もかかるみたいで。
自分みたいなやつは引っ越したほうがいいのかもしれない。お金ないし。

 

地震の被害が少なそうな九州北部か北海道北部あたりに移住するのも考えています。
家賃は東京よりも安いしね。